名古屋の分譲住宅なら中古一戸建てがおすすめ

住宅を購入したいけれど新築住宅を購入するのは相応の資金が必要であり、また長期の住宅ローンが必要なためなかなか決心できないという人も少なくありません。又、将来的な転勤に対する不安や経済的な理由により住宅購入を決めかねている人も多い物です。そのような人にとって、中古住宅は価格が安くまたすぐに住むことができる物が多いため非常に魅力が有るものです。特に名古屋ではその土地柄築年数の少ない中古住宅やほぼ新築の中古住宅が比較的多く、良い物件が見つかりやすいとも言われています。その為、特に分譲住宅の中古一戸建ては価格の割に環境が良く、また長く住むことが出来る物件が多いとして非常に注目されています。分譲住宅は通常新築分譲と共に販売が完了してしまう為なかなか手が届かないという人も多いのですが、名古屋では中古の分譲住宅も比較的物件数が多く、掘り出し物と言われる物件も多いのです。

名古屋の住宅事情の特殊性について

名古屋は中部地方の中核都市ですが、東京に本社を置く企業の支社や大阪に本社を置く企業の支社もおおいのが特徴で、そのため転勤などで名古屋に住んでいる人も多いのが実情です。そのため多くの人がいずれまた東京や大阪に帰る人も多いのですが、中には名古屋で生活の基盤を建てようと住宅を購入する人も少なくありません。しかし会社の状況によってはまた名古屋を離れることも多く、その際に住宅を売却しては慣れる人も多いことから築年数の少ないの中古住宅が比較的多いのです。又、長く続く不況で会社がその支社を減らしているという現状も有り、名古屋を離れる人も多いことから住宅を手放す人も増え、中古住宅が増えるという実態も有ります。そのため新築のまま中古住宅となった物件や、築年数の少ない物件が増えるということになるのです。

東京や大阪に比べ地価が安い事も大きな要因です

名古屋は東京や大阪に比べ地価が安いことも住宅が増える大きな要因となります。名古屋に転勤してくる人の多くは賃貸住宅を借りて住んだり、企業から社宅などを供されて住むことが多いのですが、地価の安さと住みやすさとでやがて一戸建てを購入する方が良いという結論に至ることが多いのです。しかし、最終的にはまた転勤になることも多く、そのため住宅を売却し離れることになるため状態の良い中古住宅が沢山市場に出回るということになります。そのため名古屋の中古住宅はその物件の状態の割に価格が安いのが魅力です。特に分譲で販売された中古住宅は環境も良く、また分譲住宅で有る為元の価格も比較的安いのでその価格が更に安くなり、結果として安い価格で良い物件が購入できるという形になります。その為、名古屋では分譲住宅の中古一戸建てが非常におすすめなのです。